紙袋マスターに聞いた便利な活用術

雑貨や衣類を購入した時に、店員が入れてくれる紙袋。ショップによって様々なデザインがなされ、気に入ったものは、外出の際にちょっとしたものを入れたりするのに便利に使うことができます。しかしいつか使うかもしれないと保管しておいて、結局使わずに処分してしまう人も多く見られます。また溜まりすぎて、保管場所からあふれている人もいるでしょう。実は紙袋は、荷物を持ち運ぶ以外にも様々な用途で使用することができます。家電などの重い荷物を入れてあったものは、非常に丈夫に作られています。また内側にビニール加工が施されているものなど、様々な特徴があります。せっかくもらった袋を、しまったままにしていたり、捨ててしまうのはもったいないので、活用法を知り、様々なものに役立てていきましょう。

収納ボックスにして活用しましょう

紙袋は、作りがしっかりしているものも多いので、このようなものは収納ボックスに作りかえることで、様々なものを収納することができます。かわいいデザインのものは、みせる収納にするとおしゃれに利用することができるでしょう。まずは収納ボックスを作ってみましょう。作るといっても、取っ手の部分をはさみで切り取り、好みの深さになるように内側に折り曲げるだけでできあがります。余分な部分は切るのではなく、中に折り込むことで強度が増し、ゴミもでず簡単に完成します。できあがったボックスはタンスに入れて衣類の収納に使ったり、たまったポケットティッシュを使うのにも便利でしょう。野菜ストッカーとしても使用できます。通気性がよく、野菜についた土で汚れても、そのまま捨てることができます。

インテリアや包装、カバーにも使用できます

デザインがかわいいものも多いので、インテリアとしてもおしゃれに活用できます。小さいサイズの袋であれば、出掛ける際に忘れがちな小物を玄関先にまとめて入れておくこともできます。ばらばらになりがちな小物類を、袋や袋で作った収納ボックスに入れておけば、乱雑な印象にならずに、すっきりと収納することができます。小さな子供がいる家庭であれば、おむつやおしりふきなどを入れておくのもよいでしょう。そして包装やカバーとして使用することもできます。近年ではネットオークションを活用する人も非常にふえてきています。紙袋は商品を配送する際にも活用することができ、きれいに開けば大きな包装用紙としても使うことができます。好みのデザインのものがあればブックカバーとして使用してみるのもよいでしょう。どれも簡単にできるものなので、使わずにとっておくよりも、たくさん活用していきましょう。